26歳中間管理職の日記

26歳、中間管理職。上にも下にも、自分にも気を遣って頑張ってます。いろいろ書く雑記です。

【JGC修行】JGC入会のメリットを実際の搭乗の流れでシミュレーションしてみた

「JGC メリット」あたりの検索ワードで、この記事にたどり着いた皆さん。

なんとなーくJGCに興味を持っている方や、修行をやりたいけれどなかなか踏ん切りがつかない…という方もいらっしゃるでしょう。

 

僕は2017年にJGC修行をし、無事入会資格となるJMBサファイアのステータスをゲット。

今年の搭乗からそのメリットたちを享受しているのですが…

 

正直、もうこれが無いのは考えられないくらい快適になりました。

 

JGC入会で得られるメリットは、本当に数多くあります。

今回はその中でも強く感じる(=よく使う)メリットを、実際の新千歳-羽田往復の搭乗の流れで解説していきます!

 

搭乗前のメリット

JGCのメリットは搭乗の前、予約の段階から始まっています。

JALの場合、Webで航空券を購入して座席指定をする際、実はステータスを持っている人と持っていない人では選べる席の範囲に違いがあります。

これが「前方座席指定サービス」です。

 

具体的に言うと、各座席種別の前方数列が、上級会員にのみ開放されています。

前方座席だと到着後早く降りることができ、その後の交通機関への乗り継ぎで他の乗客に一歩リードできるので個人的にはメリットを大きく感じる部分です。

 

搭乗日のメリット

JGC入会で一番メリットが多いのは、やはり搭乗当日です。

搭乗まで、順を追って見て行きましょう。

 

JGC(JALグローバルクラブ)カウンター

今はチェックイン不要のチケットも多いですが、手荷物預けや変更事項などがあれば寄らなければいけないカウンター。

空港に到着してまず向かうこの場所に、JGC会員(と、その他JMBステータス会員)専用の窓口があります。

 

f:id:ko24cs:20180422205404j:image

 

ここでの一番のメリットは、なんと言っても混雑回避。

僕の今年の初フライトは1月下旬、大雪によりダイヤ乱れまくりの日だったのですが、便の変更手続きをするときに…

 

f:id:ko24cs:20180422082816j:image

 

この長蛇の列に並ぶのと…(列は奥の2番、3番のカウンターまで続いています…)

 

f:id:ko24cs:20180422083039j:image

 

(タイミングによりますが)10人くらいちょこっと並ぶだけで済むのでは、時間的にも精神的にも得られるメリットが大きく違います。

ステータス会員としての初フライトで、その威力を実感した出来事でした。

 

JGCエントランス

チェックインが済んだら、セキュリティチェック。

週末や連休中なんかは、ここもまためちゃくちゃ並んで嫌ですよね…

 

でも、JGC会員なら大丈夫。

先にご紹介したJGCカウンターの横にあるJGCエントランスから、スムーズに入ることが出来ます!

 

f:id:ko24cs:20180422205420j:image

 

中に通常の保安検査場と同じ機械があるだけなので特別なものではありませんが、長蛇の列をスルーしてすぐに入れるのは助かります。

同行者1名も一緒に入れるのも、地味に嬉しいところです。

 

サクララウンジ 

航空会社のステータス会員のメリットと言えば!という感じもあるラウンジ。

 

f:id:ko24cs:20180422083928j:image

 

高級感のある入り口。

 

f:id:ko24cs:20180422084008j:image

 

新千歳空港のサクララウンジは改装して間もないので、最新の内装がとてもオシャレです。

 

f:id:ko24cs:20180422084033j:image

 

ソフトドリンク、ビール、ウィスキーなど飲み放題です!

ちょっとしたおつまみもあります。

 

f:id:ko24cs:20180422084449j:image

 

静かな環境で搭乗までの時間、ゆっくり出来るのがとても有り難いです。

あと個人的に新千歳空港のサクララウンジの見どころは、トイレに設置されているダイソンのハンドドライヤーです。めちゃくちゃ風強いです。笑

 

ちなみに、20代ならステータスを取らなくてもサクララウンジに年5回入れる方法があります!

詳細は→

www.ko24cs.com

 

優先搭乗

僕の場合ほぼ通路側に座るので、これは使ったり使わなかったりですが、役に立つときも結構あります。

 

f:id:ko24cs:20180422205448j:image

 

例えば…

  • 窓側座席を指定しているとき
  • 早く着席して一刻も早く寝たいとき
  • 朝の便などキャリーケースを持った乗客が多く、頭上の手荷物棚の争奪戦が発生しそうなとき

こういうケースでは、優先搭乗を使うようにしてます。

 

その他のメリット

ここまでは、僕が搭乗の際にほぼ毎回使っているものをご紹介してきました。

最後にその他のたまに使うメリットもいくつか挙げておきます。

 

  • JGC専用予約デスク:航空券の予約等に関する問い合わせが、JGC会員専用の電話番号で可能。
  • 優先キャンセル待ち:搭乗日、空港で普通席やクラスJなどの空席待ちをする際の優先種別が、JALカード会員の「B」から「A」にランクアップ。もっとも、空席待ちが発生するような便では種別「S」の人もいたりするので、正直これに関してはAだとまだまだ油断できないなという所感。
  • プライオリティバゲージサービス:手荷物を預けた際、到着空港で優先的に荷物を受け取ることが出来るサービス。

 

まとめ「修行するか迷ったら…」

ここまで見てきたように、JGC入会のメリットは当たり前ですが「搭乗時」に得られるものばかりです。

 

JGCは一度入会してしまえば、年に1度も搭乗がなくてもカードの年会費を払い続けるだけで権利を継続できるので、それも大きなメリットかなと思います。(同等の特典を受けることが出来るJMBサファイアは、毎年基準を達成する必要あり)

ただ、基本的にはJGC入会後も(数ヶ月に1回でも)定期的に飛行機に乗る見込みのある人は(様々な事情が許すなら)積極的にするべきで、そうでない人は今無理をする必要はないと思います。

ステータスを取るだけ取って寝かせておくには、少しお高い年会費ですし。

 

これは僕の考えですが、参考にしていただければと思います。

2018年、修行のシーズンはまだまだ続きます。皆さま、良い修行を!

【6日目】おやつ義務化ダイエット〜日常を離れたときの難しさ

昨日のお話。

朝計測は75.8kgで前日比プラマイゼロ。ここには一喜一憂せずに行こう。

 

スタジアムに着いてユニフォームに着替えるときに友人から「太ったんじゃないか?」と言われ、新たに気持ちを引き締め直すも、出先で買えるメニューに制限があったり、試合後に飲み会があったりでコントロールの難しさを痛感。

一応飲み会では肉ばかり食べていたけど…明日の朝計測は少し怖い。

 

【本日のおやつ】

f:id:ko24cs:20180422081549j:image

 

頂き物の八天堂のクリームパン。

頂戴するか大変迷ったものの、炭水化物20数グラムという表示にエイヤでいただきました。

八天堂のカスタードクリームにいちごジャムは反則的に美味かった…

本気の先の、優しい、美しいリスペクト

浦和レッズのサポーターといえば「荒くれ者」「行き過ぎた行動」というようなイメージが世間にはあると思うが、去年初めてさいたまスタジアムで浦和のホームゲームを見て、「誰よりもチームの勝ちを願って、本気で応援している」からこそ、ときにエネルギーが好ましくない方向に向かってしまうのかな、と感じた。

いや、今日はそういう話をしたいのではない。

 

僕はさいたまスタジアムの浦和サポーターの「浦和レッズ」コールが好きだ。

ゆっくりとしたテンポで地鳴りのように響く声援は、アウェイサポーターの僕らに正面から突風が吹き付けるような、そんな圧力を感じる。

 

こんな声援、他のチームのスタジアムでは感じたことがない。

アウェイサポーターにとって、間違いなく日本で一番「アウェイ」を感じることができるスタジアムだろう。

 

だから、好きだ。

 

人数の差で勝てるわけがないのだけれど、それでも1サポーターとして全力でぶつかっていって、このスタジアムで絶対に勝ちたい、そう思わせてくれるから、好きだ。

 

 

互いに3連勝中。

必勝を期して臨んだ因縁の対決は、幾分か浦和が有利なようにも見えたが、力と力のぶつかり合いで引き分けに終わった。

誰よりも勝ちを渇望し、腹の底から声援を送る彼らが、大槻監督代行ラストマッチを勝ち点1で終えた選手たちにかけていたのは、温かな拍手であった。

 

その姿の、なんと美しいことか。

 

今までに相手チームの客席の様子を見て、そんなことを思ったことは無い。

ただ今日に限っては、90分間の試合を戦い抜いた選手たちに"あの応援をしていた彼ら"が最大限の賛辞を送る様子が、僕の琴線に触れたらしい。

薄暮のスタジアムを優しく包んだ「リスペクト」は、本当に美しい。

 

f:id:ko24cs:20180421193423j:image

 

ここから先は僕の都合の良い想像だが、今日の結果で選手たちに温かい拍手を送った浦和サポーターの中には、コンサドーレ札幌というチームへのリスペクトも、多少なりとも含まれていたように思う。

それは、単純に今の好調さを評価したものなのか、今日初めて反対側のベンチに座った旧知の指揮官への敬意なのか。

どんな要素が含まれていたのかはわからないけれど、その姿も美しく思えた。

 

ありがとう、浦和サポーターの皆さん。

11月、うちのホームでやるときも良い応援しましょう。

 

あと、駒井選手を完全移籍でください。よろしくお願いします。

【道民必見】いちご、桃、梨……食べて喉がかゆくなるのは、シラカバ花粉症誘発のアレルギーかも!

僕がこの"悲しみ"に気付いたのは、高校生のとき。

フルーツが有名な地方に住んでいる祖母から送ってもらった美味しい梨を、いつものように贅沢に皮を剥いて丸かじり!僕はこの食べ方が大好きだった。

 

しかし、食べ終えてから異変に気づく。

 

……の、喉がめちゃくちゃかゆい!!

今まではなんともなかったのに……

 

これ以降、僕が生の梨を口にすることはなくなった。

いや、そればかりではない。

いちご、桃、さくらんぼ、りんご、びわ……

これらの美味しい果物たちも、もう生で食べることは叶わなくなってしまった。

 

それも全て、シラカバ花粉症のせいだ。

 

シラカバ花粉症とは?いつ頃花粉が飛ぶの?

シラカバ花粉症はその名称のごとく、白樺・シラカバ(正式名称:シラカンバ)の花粉による花粉症。

Wikipediaさんによると、

 

長野県や北海道で見られる。

シラカンバ - Wikipedia

 

とのこと。僕の生まれた場所と今住んでる場所やないか…運命感じちゃう。

 

一般的に「花粉症」と言うと本州で猛威を振るうスギ花粉だと思いますが、こちら北海道には実は杉の木がなく、スギ花粉症の人はネイティブ北海道民にはほぼ存在しません。

そのかわりに、「白い悪魔」ことシラカバの花粉症がひっそりと、しかし強かに北海道民を苦しめるのです。

 

f:id:ko24cs:20180420081518j:plain

 

花粉が飛ぶ時期は4月下旬~5月中旬くらい。

花粉症の症状については、この期間を耐え抜けばなんとかなります。

 

が、このシラカバ花粉症が本当に厄介なのは、花粉飛散の期間と関係なく、一年中とあるアレルギーを誘発するところなんです。

 

バラ科の果物、豆乳などのアレルギーを誘発

これがヤバい。急に来ます。

果物を食べたときのアレルギー反応で、自分がシラカバ花粉症になったことに気づく人も多いでしょう。

 

アレルギー反応が出るもの

反応が出るのは、主に「バラ科」というカテゴリの果物です。

具体的には…

  • いちご
  • りんご
  • びわ

など、美味しいやつほとんどです……

シラカバ花粉症になると必ずダメになる!というわけではないようですが、調べたところによると多くの人が併発するようです。

 

唯一救いだなと思うのは、これらのアレルギーについては加熱すれば大丈夫な場合が多く、例えばイチゴジャムや桃の缶詰、梨ジュースなんかは僕の場合口にしても平気でした。なので、全てを諦めなければいけないというわけではなさそうです。

※アレルギーの症状は人それぞれです。必ずお医者さんの指示に従ってください!

 

あと、僕は普段全く飲まないので自然に回避できていたのですが、「豆乳」とそれに類するものもダメみたいです。

豆乳もではないですが、健康のために!とソイプロテインを飲んだら、喉かゆくなるわ咳出るわ目腫れるわで大変でした…

 

これについても、大豆全般がダメか?というとそうではなくて、加工の段階で状態が変化していくので、豆腐などは平気なことが多いとのこと。(これも個人差があるとおもいます)

 

花粉症かも!?と思ったら…

まずはアレルギーを確認する血液検査をしましょう。

僕は皮膚科でお願いしていますが、最近は「アレルギー科」なる病院もあるようで、そこでも検査できるでしょう。

 

検査をして数値として図ってみて、しっかりと「どの食べ物がダメなのか」ということを把握することが、残された食べられるもので豊かな食生活を送るためのカギかなと思います。

また、先日検査の話を皮膚科の先生としてたら「自分が何にたいしてアレルギーが出るかは、数年経てば変わることもある」とのことだったので、以前に受けたことのある人も年のために調べてみた方が良いかもしれません。

急なアレルギー反応で喉がかゆくなるくらいで済めばいいですが、アナフィラキシーまで出てしまったら大変ですからね……。

 

札幌市内は今朝から、本格的にシラカバ花粉が飛び始めたように思います(僕の鼻水調べ)

マスクで余計なものを吸い込まないようにしつつ、堪え忍びましょう…

 

今シラカバ花粉症じゃない人も、「体内に吸い込んだ花粉が一定量を越えると発症する」というのが花粉症が始まるメカニズムみたいなので、マスクで防いでいた方が良いです。

あとは、旬の美味しい果物を食べられるうちに楽しんでおいてください…笑

【5日目】おやつ義務化ダイエット〜おやつも義務化するとキツい

【本日のおやつ】

f:id:ko24cs:20180420214959j:image

 

仕事がちょいとバタバタしておやつを買うのをすっかり忘れていて、仕方なく家の冷蔵庫に入っていた脂質0のヨーグルト+はちみつ。

重さをきちんと測って、多分これで糖質8gくらい。ヨーグルトはダイエットの味方だけど、味付けで糖質増えるのが難しいところ。甘くないのは美味しくないし。

 

朝計測は75.8kg。昨日と変わらず。

あまり数字には一喜一憂せずにコツコツやっていきます。