26歳中間管理職の日記

26歳、中間管理職。上にも下にも、自分にも気を遣って頑張ってます。いろいろ書く雑記です。

セブンイレブンでいい気分にならなかった話(新装開店編)

youtu.be

 

今やセブンイレブンのCMと言えば『デイ・ドリーム・ビリーバー』の忌野清志郎バージョンをバックに、セブンイレブンご自慢の商品で構成されたあったか家族の食卓風景を映し出すものになってしまっているので、最近の若い子達はこのタイトルの意味もわからんのではないか…と思って少し悲しくなる。

っていうのはどうでもいいんだけど。



「○○動物園で〜〜の赤ちゃんが生まれました!」

なんていうニュースがあると、人はその動物園へ足を運ぶ。
生まれたての赤ちゃん動物はぬいぐるみと見紛うほど可愛いし、母親と戯れる姿なんぞ見られようものなら、それはもう生命の神秘である。美しい。
それを見るために、人はその場へ向かうのだ。

 

f:id:ko24cs:20170204124727j:plain

 

 



「○○にセブンイレブンができました!」

なんていうニュースがあると、人はそのセブンイレブンへ足を運ぶ。
生まれたてのセブンイレブンはまぁ色々キレイだし、普段絶対割引にならない商品に開店セールの30円引きシールが貼ってある姿なんぞ見られようものなら、それはもう小売業の神秘である。普通に助かる。
それを買うために、人はその場へ向かうのだ。

先日、帯広(近隣地域を含む)に新しいセブンイレブンができた。



正確には改装して新装開店しただけなんだけど、扱いとしては「新規オープン!」らしい。
そこは大きい通り沿いではなく住宅街の中にあるお店だが、僕がお昼の休憩でよく使わせてもらうところ。
改装工事中はたいそう不便だったから、キレイになって戻ってきてくれたのはとても嬉しかった。

このお店の開店記念セールも盛況で、割引商品や抽選会を目当てに来た多くのお客さんで大賑わい。
迎える側も、大半が「研修中」という名札を付けたたくさんのパートさんと、本部から来たであろうスーツの社員さん合わせて十数名で、"迎撃体制"バッチリと言ったご様子。

いつも通りの昼休みだけど、新しい休憩場所になんだかワクワクする。
そんな期待を抱きながら足を踏み入れたお店で、僕が違和感を覚えるのにそう時間はかからなかった。

 

誰のためのコンビニなのか、何のための開店セールなのか

 

開店に浮かれる店内の様子と言えば、それはまぁ酷いものだった。

  • 新人パートさん2人組のお世辞にもスムーズとは言えないレジ打ちで会計待ちの客が数名列を成しているのに、レジはその1台しか開放されていない
  • その様子を目の当たりにし、他にパートさんが余っているのにレジ開放の指示を出さない本部社員さん
  • 狭い通路でナナコカードの勧誘をして、動線を塞ぐ本部社員さん
  • 遊んでいるかのようなテンションで騒ぐ学生アルバイトっぽい女の子2人と、それを注意しないその他の社員さん
  • 客とすれ違っても「いらっしゃいませ」の挨拶もせず、店内の飾り付けを整えるのに必死な本部社員さん
  • カップ麺用のポットを完全に隠す開店祝いの花
  • 店前の駐車場の一角を占拠する、10台ほどの本部社員さんの車



5分ほどの滞在で目についたものだけでもこれくらいはあった。



「開店セール」というのは

今度ここにオープンしますよ!

安いものとか特別なものとか置いてるし、まず一回来てみて!
そして、気に入ってくれたらぜひ今後もよろしく!

という狙いでやるものだと、僕は思っている。
最初の数日間の集客よりも、その後の定着が真の目的。

じゃあ、その開店セールで客に嫌な思いをさせたら、何の意味もないんじゃないか?

コンビニの数はまだまだ増え続け、商圏争いもさらに激化する状況で、客離れの要因を自ら作ってしまうのは厳しい。
ましてや、ここは帯広の片田舎で、特別交通量も多くない住宅街の中にあるお店。近隣に安売りのスーパーもある。
そこで固定客を掴むには、ソフト面の充実こそ大切になってくるのではなかろうか。

今やコンビニも顧客ロイヤルティが求められる時代。
「買い物行ける場所がここしかないから」というネガティブな要素で客を繋ぎ止めるのには、限界がある。



ちなみに、もし僕がコンビニのオーナーだったら、持ち前のコミュニケーション能力でお客さんと仲良くなれそうな人を採用して、「その人と話したいから店に来る」という常連さんをたくさん作る。
「お抱えの常連さんの人数ランキング」みたいなのを導入して定期的に表彰をすれば、パートさんのお客さんに接する態度も向上するだろう。
それだけで店の売り上げはアップするだろうし、「お客さん、オーナーに必要とされている」と実感できれば従業員満足度も上がる。

 

今話題の恵方巻きのノルマみたいなのも、お客さんに「この人からなら買ってやってもいいか〜」と思わせれば勝ちだ。
小売業の最前線で物を売って、今は管理職をやっている経験からこれは間違いないと断言できる。

あれ、コンビニのオーナーも意外とやれそうかも。(笑)



最後はちょっと飛躍しちゃったけど、開店セール目当てではなく、普通にコンビニを使いたくて行ったお店で思ったことの感想文。

ここまで言っておいてアレだけど、僕はセブンイレブンさんが好きです。
好きなので、「ふわっとろくりぃむわらび めーぷるそーす」復活させてください。

 

f:id:ko24cs:20170204125654j:plain