26歳中間管理職の日記

26歳、中間管理職。上にも下にも、自分にも気を遣って頑張ってます。いろいろ書く雑記です。

彼女が欲しい。

でも、自分のやりたいことは何一つ我慢したくないし、自分を抑え込んでまで相手に合わせたくない。

こんなこと思ってるからダメなんだろうなぁ…とは思うけど。

 

f:id:ko24cs:20180711000757j:image

 

それでも最近「彼女が欲しい」なんてぼーっと考えるようになったのは、「自分以外の、それでいて家族や友人、仕事仲間ではない誰かのために頑張ってみたい」と思う瞬間が増えたから。

ちょっとしんどいとき、ふとその"誰か"の顔が思い浮かんで頑張れるとか、"誰か"が喜ぶ顔を想像して何かをしてあげるとか、そういう刺激が日常生活に欲しいから。

もう4~5年くらいそんなのがないので、一旦挟んでおくか、的な。

 

 

ただ、冒頭でも書いたように、僕らが1日に使える時間は時計の長い針のちょうど24周分、という決まりがあって、その中で何とかしなければいけない。

使えるお金も、基本的には自分の持っている分しか使えない。

 

そんな毎日を積み重ねている中で、僕はやりたいことがたくさんある。それはもう、多すぎるくらいに。

そこに「彼女」という要素も加えるのは、なかなかに勇気の要る戦略的な選択であったりもする。

上手く両立出来ないのはダセーなと自分で思うけど、「時間」に関しての限界のようなものを日々痛感している身としては、やはり考えてしまうのである。

 

とある記事を読んで思ったこと

先日、こんな記事を読んだ。

 

アラフォー独身、人気ライターの結婚観「一般的な幸せを求めるのは20代で諦めた」:DANRO(ダンロ):ひとりを楽しむメディア

 

これはもう恋愛というよりは結婚・婚活の類だけれど、この記事で紹介されている神田圭一さんの考えは、概ね自分のものと一致している。

 

特に…

 

安定、安心という言葉には惹かれないですね。

 

この部分とか、

 

独身でいることのメリットとデメリットを聞いてみました。

「僕の場合ですけど、一番のメリットは自由に旅行に行けること。(中略)でも、結婚したらそれが出来なくなるのがつらい」

 

この部分とか。

 

また、めちゃくちゃ共感しつつ、一方では示唆的だった内容もあった。

 

 

こういう人がいたら、本当に理想。

自分の持っていない、スキルやセンスを持った人ならなおよし。良い刺激と、新しいアイディアがもらえそう。

 

この記事を読んで、「こういう観点で相手探しをしてみたら良いかもしれない」と気づきを得ることが出来た。

 

 

付き合うとなればそれなりに時間もお金もその相手につぎ込むわけだから、ある意味かなり大きな"投資"なのかもしれないな、と思ったりもする。

結婚は勢いだ!とか、全てが理想とは行かないから折り合いをつけて…とか、そんな言葉もよく聞くけど、自分の人生として総合的に見たときに、より大きなリターンが期待されるような"投資先"を見つけられたら良いかな。

そのために、譲れないところはしっかりと持っておこう。

 

 

 

……こんなこと考えてるからダメなんだよなぁ。