27歳中間管理職の日記

27歳、中間管理職。肩書にとらわれず、ただ社会人としての価値の向上を。いろいろ書く雑記です。

チーム愛を人質に取られて-ヴィッセル神戸の2019シーズンチケット戦略に思うこと

f:id:ko24cs:20190126131433j:plain

 

今日、ヴィッセル神戸の「ゴールド会員」を対象としたチケットの先行販売が始まったらしいのだが、その驚きの価格にTwitterのJサポ界隈がざわついている。

 

 

 

FC向けのアメリカキャンプツアーが売れなさすぎて、ゴリゴリ値下げをしていった件の反省の結果がこれだと悲しすぎるけど、それはまぁいい。

物申し記事恒例、はじめに僕のスタンスを書いておくやーつ。

 

  • 商売としてやっている以上、価値が見込まれる試合に高い値を付けるのはある意味「当たり前」だと理解できる
  • そんな手を打つなら、世界的タレントを次々獲得し、注目度が高まっている今が妥当
  • しかし、どう見ても「稼げるうちに稼いどけ!」という感じがして、長期的にはこの価格戦略が良い方向に転ぶ可能性は限りなく低い(と思う)

 

じゃ、始めます。

 

選手の個の力で「点」を「線」に出来たことは、Jリーグ25年の歴史でどれだけあっただろう

 

これまでのJリーグ25年の歴史の中でも、数々の「世界的選手」が戦いの舞台として日本を選んでくれたことがあった。

「あの選手が生で見られる!」というのは、新規客をスタジアムに呼び込むための動機としてこの上ないものだし、実力のある選手が俺達のチームに来てくれるのは、サポーターとしても悪い気はしない。

 

けれど、四半世紀のリーグの営みの中で、有名選手を理由に観戦に訪れ(=点)、それがリピーターとなった(=線)人はどれだけいるだろう。

その選手のニュースで連日メディアを賑わせた(=点)結果、そのクラブは地元でどれくらいの市民権を得た(=線)だろう。

 

残念ながら、歴史というものはそう簡単に変わるものではない。

 

今回の取り組みは過去に例を見ないものだとは思うが、固定客の獲得という面での成功確率は…というと、やはり高くはないと思う。

 

「期待値」と「事実」のハザマで

 

ここで思い出しておきたいことがある。

昨年、イニエスタとポドルスキという世界的名選手を擁していた、ヴィッセル神戸。

それで何位だったか。

 

リーグ10位である。

これは誰が見ても同じ「事実」。

 

強いという「事実」を持たない、前年10位に甘んじたチームが取る戦略としては、あまりに飛躍しすぎていないだろうか。

 

今年の補強に期待が高まるのはわかるが、あくまで「期待値が高い」だけ。

フタを開けてみたら優勝争いどころかACL争いにも絡めず、なんていうことになって、それでもなおこの高いチケットでスタジアムに来よう、という人は……いるのかなぁ。

 

ま、そういうときはダイナミックなプライシングでガツンと値下げすればいいだけですもんね。

 

結局、一番ワリを食うのは「クラブ愛を人質に取られた」既存のサポーター

 

一度ノエスタに足を運び、イニエスタやポドルスキのプレーを生で堪能し、とても時間のかかる分断退場に辟易しながら家路に就く。

スター選手目当ての一見さんは一人減り、二人減り……そうして行くうちに、最後に残るのは少しの新規固定客と、これまでずっと応援してきたサポーターである。

 

サポーターというのは、一度そのクラブを愛してしまったら、簡単に応援をやめられるものではない。

チームが下位に甘んじていても、J2に落ちてしまっても……信じて応援し、またスタジアムに足を運ぶのである。

それは、チケット代が倍近く高くなってしまっても同じだ。

 

これが、クラブの末永く続く成長につながるのだろうか?

 

 

プロスポーツビジネスにおいて、必ずいつか引退を迎える選手は「フロー」的な資産であり、流動的なもの。

対して、あまり流動することがなく、積み上げて地盤を強固にしていくことが出来る「ストック」的な資産は、ファン・サポーターの「クラブ愛」だと思う。

 

選手というフロー資産は、いくらお金をかけてビッグネームを獲得してきたとしても活躍するとは限らないし、一方で年俸の安い選手が突如覚醒して大活躍する可能性もあり、資産としてのリスクが非常に高い。

しかしクラブの運営において、チケットやグッズの収入の安定したソースとなり、応援という形で試合の雰囲気を共に作るパートナーでもある「クラブ愛」を持ったサポーターは、一度獲得してしまえば安定性の高いストック資産となる。

 

こんな観点から見ても、今回の神戸の施策は長期的にはやはり賛成できない。

僕らビジターサポは別にいい。1回ポンと4,000円ほどを出せば済む話だから。

ただ、ワリを食うことになる神戸のサポーターが少し不憫である。

 

人質に取られた「クラブ愛」は、リーグやカップ戦の優勝、最低でもACL出場権という目標を逸したとき、どうなってしまうのか。

2019シーズンは、その行方も少しだけ注目しておきたい。

 

 

【2019/01/26 13:27追記】

年パスはそこまで高くないみたいです。

 

コンサドーレ札幌2019シーズン試合日程発表!とりあえず公式に先んじてまとめ!

2019年1月23日17時、2019年のJリーグ日程が発表になりましたね!

 

2019シーズンの日程が発表【Jリーグ】:Jリーグ.jp

 

17時45分現在、北海道コンサドーレ札幌の公式サイト上では札幌絡みの日程のみの発表はないので、Jリーグ公式のpdfからまとめてみました~

 

2019シーズン試合日程!注目のあのカードは!?

 

北海道コンサドーレ札幌の2019年日程はこちら! 

 

f:id:ko24cs:20190123214008p:plain



 

既に発表済みだった開幕、2戦目のアウェイは16時キックオフ、ホーム開幕は14時キックオフでした。

今年の「金J」は6月14日の川崎戦と、10月4日のG大阪戦。仕事の都合が付けばなんとか行きたいところですが…。

未定の29節ホームC大阪戦は、この週末にパ・リーグ本拠地での日本シリーズ予定が入っているので、それとの兼ね合いだと考えられます。

 

ホーム、厚別は2試合+カップ戦という感じでしょうか。

アウェイスタジアムで面白いところは、C大阪のヤンマースタジアムと横浜の三ツ沢あたりですかね。

個人的にはキンスタの方が好きなのですが、ヤンマースタジアム初体験なのでこれはこれで楽しみです。

 

 

さぁ、皆さんは今年どこに遠征に行きますか?

賢くお得に遠征に行くには、事前の計画が必須!今から考えておきましょう!

 

JAL様の3月31日~10月26日搭乗分航空券は、1月31日一般発売!

ステータス会員、JALカード会員はもう少し早く予約開始しますので、詳しくは以下のURLをチェック!

 

先得 JMB会員先行予約サービス - JALマイレージバンク

 

航空券予約・購入に関する今年の大きな変更点も、事前に予習しておきましょう↓

 

www.ko24cs.com

【若手社会人へ】残る?辞める?転職を失敗しないために「仕事がきつい」を客観視してみよう

f:id:ko24cs:20190120185637j:plain

 

 

「仕事はキツくて当たり前。楽な仕事なんてない」

 

親や上司から諭されるとき、また逃げられない状況で自分を奮い立たせるときに、こんな言葉を使ったりします。

確かに、「キツい(大変な)仕事をしているからこそ、その対価として給料をもらえている」という考え方に基づけば、自分の向き合うべき仕事がキツかったとしても、「当たり前」だと自らに言い聞かせてやらなければいけないこともあるでしょう。

 

でも、僕はこの考え方は間違ってるな~と思います。

自分の仕事を自分にとって楽にできる可能性は、誰しもが持っていると信じているからです。

 

もしあなたが、目の前の「キツい」仕事から逃れるために転職を考えているなら、まず自分の仕事の「キツい」を客観視し、対策を打って、「(自分にとって)楽な仕事」に変えるチャレンジをしてみましょう。

 

そもそも「楽な仕事」って何?

 

この記事を書き進めていく上で、目指すべきゴール「(自分の仕事が、自分にとって)楽な仕事(である)」の定義をしておきます。

 

手始めに、「楽(らく)」という言葉の意味を調べてみました。

 

[名・形動]

1 心身に苦痛などがなく、快く安らかなこと。また、そのさま。「気が―になる」「―な姿勢」「どうぞお―に」

2 生計が豊かなこと。また、そのさま。「不動産収入で―な暮らしをする」

3 たやすいこと。簡単なこと。また、そのさま。「―な計算問題」「―に勝てる相手」

 

これを参考に、「楽な仕事」の定義は以下の通りとします。

 

業務遂行にあたって心身に苦痛がなく、特別な苦労もせず、なおかつ必要最低限の生活をするのに困らない収入を得ることが出来る仕事

 

こんな仕事、あったら良いですねぇ。笑

 

ちなみに、自慢ではないですが今の僕の仕事はかなりこの条件に当てはまっています。

日曜日に「もうすぐ月曜日か…」なんて思うことは一切ないし、(傍から見れば多いらしいけど)仕事に追われていっぱいいっぱい…なんてこともないし、給料も北海道の同年代と比べれば多めにもらっている方。

なので、全然ストレスもありません。

 

でも、一方で同じ職場の同期や、年齢の近い先輩・後輩でも、日々ストレスや苦労にまみれた「キツい」仕事と戦っている人もいます。

この違いって、何なんでしょうか?

 

仕事が「キツい」原因を客観的に分別して、自分に出来ることを徹底的にやろう!

 

あなたは、仕事のどんなところが「キツい」と感じますか?

一例として、僕が「仕事嫌だな~」と思ったり、漠然と転職を考えたりしていた頃に感じたことのある「キツい」を、書き出してみます。

 

仕事が終わらない、(個人やチームの)ノルマが達成できない、自分と合わない上司や同僚の存在、部下が自分の思い通りに動いてくれない、遅くまで残業して帰れない、休日に出勤しなければいけないほど仕事がある、やり方が分からず途方に暮れる、一人で戦っている感、自分の不注意でひどいミスをした、給料が低い……など

 

主に就職して1~3年目のことですが、一丁前にキツいと思ってました。笑

 

で、大事なのはここから。

これらの「キツい」を、今の企業・組織に属する中で「自分でどうにか出来ること」「自分ではどうしようもないこと」に分別します。

それぞれの「キツい」は様々な側面を持っていて、100%こっち!という決め方は出来ないと思うので、「これはどちらかというと、自分でどうにか出来るかな~」くらいの分け方でOKです。

 

【自分でどうにか出来ること】

仕事が終わらない、(個人やチームの)ノルマが達成できない、遅くまで残業して帰れない、休日に出勤しなければいけないほど仕事がある、やり方が分からず途方に暮れる、自分の不注意でひどいミスをした

 

【自分ではどうにもできないこと】

自分と合わない上司や同僚の存在、部下が自分の思い通りに動いてくれない、一人で戦っている感、給料が低い

 

実は、仕事の「キツい」って、自分次第でどうにかなることの方が多かったりします。

 

【「自分でどうにか出来ること」への対策の行動】

  • 仕事が終わらない:期限内に終わるように計画を立てて、進捗管理しながら着実にこなしていく。作業スピードを上げられるように現状の問題点を考え、改善し、修正を図っていく(PDCA)
  • (個人やチームの)ノルマが達成できない:達成までの計画を立て、進捗管理しながら行動していく
  • 遅くまで残業して帰れない:「仕事が終わらない」と同じ
  • 休日に出勤しなければいけないほど仕事がある:「仕事が終わらない」と同じ
  • やり方が分からず途方に暮れる:変なプライドを持たず、ノウハウや必要な考え方を知る人(上司、先輩)に教えを請い、その通りにやってみる
  • 自分の不注意でひどいミスをした:同じミスをしないように、作業手順の見直しやチェックリストの作成、運用などを行う

 

僕が見ている限りだと、先述した日々ストレスや苦労にまみれた「キツい」仕事をしている身近な人達は、この「自分に出来ること」の部分の努力を大してせず、「楽をさせてもらいたい」というメンタリティが感じられます。

目の前に差し出される仕事を、特に工夫もなく言われた通りやるだけ、みたいな。

 

そうではなくて、まずは「自責」で考えて、自分に出来ることを徹底的にやりきる。

僕はこの考えと行動で、今の「楽な仕事」を掴み取りました。

 

www.ko24cs.com

 

一方、仕事の「キツい」には「自分ではどうにもできないこと」もありますし、「自分でどうにか出来ること」に分類したものにも、自分では対処し得ない部分が存在します。

例えば、期限内に終えることが物理的に無理な量の仕事やノルマを与えられたり、教えを請うても教えてくれる人が居ない、教えてもらっても自分の悩みを十分に解決するほどの質の回答が得られない、など。

「自分ではどうにもできないこと」と併せて、主に環境的な要因ですね。

 

じゃあこういうときにどうしたらいいか?と考えたときに、選択肢は2つ出現します。

 

1つは、目の前の「キツい」現実を甘んじて受け入れ、今の企業・組織で働き続けること。

そして2つ目は、「自分に出来ること」の1つである「転職」(もしくは、異動願いを出す)というカードを切ること。

 

ここに来て、ようやく「転職」を考えるべきだというのが、僕の意見です。

あくまで、まずは今いる組織に残ることを前提に、目の前の仕事から「キツい」を減らし、「楽な仕事」に転ずるための努力をすることが先。

 

これをしないと、たとえ転職したとしてもその先で同じ状況に陥る可能性が高いですし、逆に「自分に出来ること」をやりきる考え・能力が付けば、転職するときにより良い条件でステップアップできる可能性が高まります。

 

ちなみに、冒頭に書いた「仕事はキツくて当たり前」という考え方は、今の企業・組織で働き続けることを大前提としたものだと思います。

目の前の状況がどうであれ、歯を食いしばって、甘んじて受け入れないと残れない場面でも、「キツい」仕事をやり続けるんですからね。

 

あなたは、どちらを選びますか?

 

 

もうすぐ年度替わり、この春を転機にしようと考えている方も多いでしょう。

「今の企業・組織に残る」「転職」どちらの選択肢にも、優劣はありません。

自分の人生を今より良いものにしてくれる、真の意味での「楽な仕事」に出会えるように、まずは「自分に出来ること」を考えてやりきる、というスタンスを身に着けましょう!

 

☆あわせて読みたい

 

www.ko24cs.com

 

www.ko24cs.com

【雑学】札幌の「史上最低気温」ってどれくらい?過去のデータを調べてみた!

f:id:ko24cs:20190117214323j:plain

 

寒いわね ©スターダスト有田

 

なんだかめちゃくちゃ寒い今日の札幌。

2019年1月17日20時半時点で、「日本一寒い」陸別町と2度くらいしか違わないというしばれっぷり。珍しいですよね…。

 

 

そこでふと、気になりました。

 

「札幌で一番寒かったときって、どれくらいまで下がったんだろう…」

 

と。

日本最低気温としての旭川の-41度は有名ですが、じゃあ札幌は?となると、一度も聞いたことがない……

 

ということで、気象庁のサイトで調べてみました!

 

札幌の史上最低気温は-28.5度!ちなみに、史上最低「最高気温」は…?

 

今回はこちらで調べてみました。

 

www.data.jma.go.jp

 

開いていただくとわかりますが、少し分かりづらいので抜き出してまとめ!

 

札幌史上最低気温

まずは、最低気温ランキングベスト5!

 

f:id:ko24cs:20190117214351p:plain

 

札幌でもこんなに冷えたことがあったんですねぇ…

当時は今より暖房器具、家の断熱技術も弱かったでしょうし、どうやって乗り切っていたのか気になります。

 

史上最低「最高気温」

ついでに、最高気温がここまでしか上がらなかった…というランキングです。

北国の住民的には、生活する上でこちらの方が切実だったりします。

 

f:id:ko24cs:20190117214624p:plain

 

お昼のピークでも、今の気温くらいまでしか上がらないという感じ。

うーん、絶望感…笑

 

ちなみに、史上最低気温ランキングと史上最低「最高気温」ランキングで重複したのは、1909年1月13日で最高気温-11度、最低気温-25度(7位)だけなので、必ずしも連動するわけではなさそうです。

 

 

てな感じの、余談的な記事でした。明日の話のネタにどうぞ。

明日以降は、今日と比べれば冷え込みもだいぶ緩むようですが、インフルエンザも流行っているので油断せずに体調管理していきましょう。

今回のダイエット計画を仕事以上に真面目に考えてみた

また、やっちまいました……。

 

 

身長が182cmくらいなので、適正体重は73kgくらい。

このあたりでキープしていたいところなのですが、年末年始の積極的な飲食が功を奏したのか、昨日無事76kgに到達。ヤバいです。

 

www.shunpon.com

 

ちなみに、このブログによると「美容体重」「シンデレラ体重」「モデル体重」なる概念もあるようで、僕の身長の場合は……

  • 美容体重:66.2kg
  • シンデレラ体重:59.6kg
  • モデル体重:56.3kg

でした。

 

3年前、中間管理職になって2ヶ月目くらい、一番メンタル的にやられていてあまりご飯を食べられなかったときに一瞬68kg台に突入したことがありました(笑)

見たことのないレベルのガリガリ具合に自分で引いていたのですが、さらにその下に行かないとシンデレラにはなれないんですね…。

 

ま、それはどうでもいいとして。

 

今回のダイエット計画

仕事柄?最近何かをする、という段になると「一に計画、二に計画」といった感じで、すぐに計画を立てるクセがついてきました。

いいですよ、計画。プライベートで何かするときも、明確な目標があるかないかでは進捗やクオリティに差が出てきます。

 

①スケジューリング

今回は2段階に分けて取り組んでみます。

 

まず第一段階は、「集中して体重を落とすフェーズ」

10日間で2.5~3kg減を目指します。これでほぼ基準体重くらいになるはず。

 

第二段階は、「微減を期待しつつ体重を維持するフェーズ」

食生活はほぼ元通りにして、(ダイエットとは無関係に)身体のためにやった方がいい運動を適宜取り入れていくことで、体重の増加を防ぐ"習慣付け"を行っていきます。

これも10日間。リバウンドを防ぐための仕組みづくり、といったところです。

 

②具体的手法

マジで成功させたいので、新たな手法も取り入れます。基本は食事コントロール。

 

◯ダイエットスープの活用

巷では「燃焼スープ」なんて言ったりもしますが、野菜たっぷりのスープで腹を満たしつつ、腸内も整えてデトックス効果もある!?というやつです。

白飯を茶碗1杯食べるのは朝だけにして、昼ごはんの白米も半分はスープに置き換えます。

 

◯適切な間食で空腹感の波を無くす

ストレスを極力少なくダイエットを続けるために、これかなり重要だと思っています。

 

f:id:ko24cs:20190115193027j:plain

 

今回もパルテノ先生のお力を借ります。

低糖質・低脂質・美味いの三拍子揃った、ダイエットの強い味方です。

 

◯おやつ義務化

何かをやるときにゲーム性を持たせるのも、楽しくやるためには大事です。

 

www.ko24cs.com

 

コンビニやスーパーで何買うか考えるの結構面倒なので、今回はパルテノ先生一本勝負でもいいかなと思っているんですが、良いアイテム見つけたらご紹介します。

 

③進捗管理

いわゆるPDCAのC、「今どないなってんねん!?」「ほな、どないすんねん!?」の部分です。

 

体重を落とすフェーズでは、体内の水分量で誤差と捉えるべき体重の変化が続いて、ある日ストンと落ちる感じになると思うので、朝起きたときの計測による定点観測を基本とします。

で、10日間の第一段階が終わる頃に-2.5~3kgしてると。いつものパターンならイケるはず…

第二段階でも毎朝の計測は引き続き行い、体重が増えることがないように管理をしていきます。

 

 

そんな感じで、両フェーズ合わせて20日間、頑張ってみたいと思います。

またご報告します!