27歳中間管理職の日記

27歳、中間管理職。肩書にとらわれず、ただ社会人としての価値の向上を。いろいろ書く雑記です。

サッカースタジアムに出現するおじさん図鑑

f:id:ko24cs:20180407211355p:plain

 

やあ、みんな!今週も「最高の週末」過ごしてるかな?

週末にJリーグの試合があってエキサイティングな試合を見られるってだけで最高なのに、その試合をスタジアムで生観戦出来たらもっと最高だ。

 

今日は、そんな最高なスタジアムで見かける、最高の"おじさんたち"を集めて図鑑にしてみたよ。

きっとキミも見たことあるおじさんがいるはず。早速見てみよう!

 

人畜無害系

このへんはまぁ大丈夫なおじさん。楽しく観察しよう!

 

「勝負勝負ぅ!」おじさん

何故か選手がドリブルでサイドを駆け上がるときだけ出現するおじさん。その他のシーンでの目撃例は少ない。

感染力が結構強く、僕も最近このおじさんになりつつある。

 

金剛力士像おじさん

ゴール裏で立ちはするけど、腕を組んで仁王立ちの直立不動おじさん。

どんな心境で試合を眺めているのかは推し量りかねるが、ライブハウスで行われるアイドルのコンサートで最後方壁際に陣取り、「彼女のステージを見に来た彼氏面」をするオタクも居るらしいので、そういう心境なのかもしれない。

 

最前おまいつおじさん

ホームでもアウェイでも、いつも最前列にいるおじさん。

並ぶことでエネルギーを使い果たしているのか以下略

 

妖怪無限サッポロビール

あ、妖怪シリーズじゃなかった。

書いて字の如く、コンサドーレの試合があるところ全てに出現。今日も「売り子のビールをタンクごと買いたい」という話で盛り上がっていた。ハンパねぇよ……

 

パジャマでおじゃまおじさん

戦隊モノのパジャマを買ってもらい、嬉しすぎてそのまま外出してしまう幼児から着想。遠征に向かう飛行機や新幹線から既にユニフォームのおじさん。かわいい。

チームのアピールになるから好ましいけど、マナーは守ってね。

 

www.ko24cs.com

 

ネガティブ、迷惑系

滅入る話で申し訳ないなぁ。

けど、こんなおじさんが居るのも現実なので許して欲しい。

 

◯◯ちゃんとやれおじさん

多分、全国にたくさんいるであろう一般的なおじさん。

札幌ドームで長らく見られた「宮澤ちゃんとやれおじさん」が、近年の宮澤裕樹選手の活躍により激減、"ちゃんとやれおじさん"絶滅の危機かと思われたが、今日新種の「都倉ちゃんとやれおじさん」の発見が報告され、瀬戸際のしぶとさを見せる。

 

 

恐らく、普段の職場でも部下に対して「ちゃんとやれ」一本勝負で指示を出していると思われる。怖い怖い。

 

審判バッシング全力さん

ゴール裏に居てもたいして応援しないのに、こちら側に不利な判定が出たときに全力で審判への暴言を叫び続けるおじさん。

適切に抗議の声を上げるのは必要だけど、ブーブー言っても基本的にはチームのためにならないのでしっかりして欲しい。

 

www.ko24cs.com

 

コンサドーレのホームゲームで「スタジアムTV」というのも始まったので、「Youは何しにゴール裏へ?」みたいな企画の1つでも立ち上げて欲しいものである。

 

すぐ野球と比べちゃうおじさん

主に北海道地方に生息。

何かにつけて「ファイターズは◯◯だけど、コンサドーレは~~だ!」とおっしゃいますが、自分たちに自信がない証拠でしょ。コンプレックス丸出しで恥ずかしいのでやめてください。

僕らが目指しているのはそんなレベルの低いところじゃないから。いい加減卒業して。

 

おもしろ系

お目汚し大変失礼しました。

ここからは皆さんお待ちかねのおもしろ系です。

 

独特合いの手おじさん

聞いたこともないような独特の合いの手をチャントにぶっ込んでくるおじさん。

裏拍で「ヘイッ!ヘイッ!」って言われたときはさすがに歌いながら笑っちゃったよ。

 

独特モーションおじさん

千鳥のノブさんが見たら「クセがすごい!」と大絶叫しそうな、オリジナリティあふれる挙動を見せるおじさん。

チャントを歌っているときに出現しがち。

 

f:id:ko24cs:20180407220448p:plain

 

進藤亮佑

最近、「1点決めたら1つおもしろプレーをしてもいい」という約束をミシャとしているのではないか?と僕が疑っている進藤選手。

 

「まぁ、次はホームで勝つと思うんで」とアウェイC大阪戦後のインタビューでぶちかまし、案の定次節のホーム開幕戦で完敗するという、吉本新喜劇もビックリな綺麗過ぎる2段オチを完成。

ヒーローインタビューで「次も勝つ!」と言って普通に負けたのは、恐らく新庄剛志選手以来なので、将来が俄然楽しみな選手。自家用車がランボルギーニ・チータになったら確定です。

 

 

みんな、どうだったかな?見たことのあるおじさんが、きっと居たことだろう。

しかしこれはほんの一部。世の中のスタジアムには、もっと多くの楽しいおじさんたちがいるんだ。

 

みんなも積極的にスタジアムに足を運んで、「自分だけのおじさん」を探そう!