27歳中間管理職の日記

27歳、中間管理職。肩書にとらわれず、ただ社会人としての価値の向上を。いろいろ書く雑記です。

コンササポよ!今こそ友人・知人を誘う絶好のチャンス!「仕事人ナイト」のおさらい!

先日大好評をいただいた記事には入れなかったのですが、スタジアムには「本日の入場者数に本気("本気"と書いて"マジ"と読む)おじさん」というのもいます。

 

www.ko24cs.com

 

後半25分くらいに入場者数が発表されると、応援そっちのけでその日の入場者数に関する所感・講評・次節への展望などをお語りになるおじさん。

 

(例)

「うわー、今日1万3千しか入らなかったのか~土曜日の昼で、まぁ天気は悪かったとは言えこれはキツいなぁ。次は対戦相手が◯◯だし、もっと入るとは思うけど…」

 

多いときに拍手するのはいいとして、少なさに文句を垂れているおじさんには「テメー文句あるならまず自分で一人でも二人でも連れて来いよコノヤロー」と思ったりもするのですが、僕自身いつもの仲間と一緒に見るだけで新規客はほとんど連れてこないタチなので、これに関して何を言う権利も無いかなと思い、いつもだんまりです。

 

しかし!しかーし!!!

 

我々は今何位ですか???

 

 

 

4位です。J1で。

 

f:id:ko24cs:20180415164838p:plain

 

ええやん(恍惚)

 

ライトな層にとって、これ以上わかりやすい「ちょっと見てみたい」の動機も他にありません。

道民は熱しやすいのです。冷めやすいかどうかは一旦熱してから決めれば良いんです!!俺達と熱くなれ!!!!!!!!

 

「仕事人ナイト」で友人・知人をお誘いしよう

ただまぁ、初めてサッカーを見に行く人に「じゃあチケット代3000円ね」というのも、これまた酷な話であります。

スポーツ観戦の特性ですが、どんな試合結果になるかわからない(自分の望み通りになるか、否か)という不確実性の中に人はそれぞれ"期待"を持っていて、その"期待"への先払い料金が「観戦チケット代」なので、元々そのスポーツに興味関心がない人は「高い」と感じてしまっても当然です。

 

じゃあ買ってあげればいいじゃん?とも思うのですが、人間は自分で支払ったものを回収しようとする性質を持ち合わせているので、その後の定着を狙うなら多少なりとも自己負担があった方が良いと思います。

タダ券配った日だけ観客数が増えて、その後はまた低迷するようでは意味がないのです。

 

そこで上手く活用したいのが、「仕事人ナイト」の格安チケットです。

 

f:id:ko24cs:20180415175532p:plain

www.consadole-sapporo.jp

 

平日ナイトゲーム限定のこの企画をおさらいしておきましょう!

 

「仕事人ナイト」対象試合

【リーグ戦】

  • 第10節4月25日(水)横浜F・マリノス戦@札幌厚別
  • 第16節7月18日(水)川崎フロンターレ戦@札幌厚別

【ルヴァンカップ】

  • 第5節 5月9日(水) ヴァンフォーレ甲府戦 @札幌厚別
  • 第6節 5月16日(水) 清水エスパルス戦 @札幌厚別

 

残り全部厚別というのは置いておいて、あと4試合もチャンスがあります!

4月、5月の厚別ナイターはちょっと寒そうな気もしますが、「跳んで暖まろうよ!」という口実でバモヘイスをさせて、応援の楽しさに目覚めさせるビジネスチャンスも見え隠れします。

 

www.ko24cs.com

 

言わずもがな、7月のナイターなんつーのは最高オブ最高なのが目に見えていますね。

 

仕事終わりの解放感そのままに、爽やかな初夏の夜風を受けながらスタジアムへ。

ナイター照明にじんわり照らされるピッチを眺めながら、サッポロビールを飲る。

……ええやん(恍惚)

 

「仕事人ナイト」対象座席・価格

これは調べていて僕的にびっくりだったのですが、厚別開催の仕事人ナイトはバックスタンドだけではなく、コンサドーレゴール裏ゾーンも対象になるのです!

じっくり見たい派の人を連れて行くときはバックスタンドで、「外でビール飲みながら盛り上がろうぜ!」派の人を連れて行くときはゴール裏で、なんていう選択も出来るのではないでしょうか。

 

そして、価格は驚きの1,500円!安い!!!!

と僕は思うのですが、まぁ初めて行く人からしても手頃なところで良いでしょう。

 

「仕事人ナイト」の注意点

お得なチケットで楽しく応援しようぜ以外の留意点もあまりないのですが、連れて行く側の僕たちが把握しておきたいことを1点だけ書いておきます。

 

 

先日の湘南戦の仕事人ナイトチケット発売場所の待機列、めちゃくちゃ長かったです。

数百人単位で並んでいたので、試合開始に間に合わなかった人も結構いるのでは?と思います。

 

初めて観戦に行く人にストレスを感じせないために、このあたりのことは事前に伝えて、なるべく早くスタジアムに向かうようにすると良いかもしれません。

 

 

僕は今シーズン、仕事人ナイト以外の日程も含めて「初めてコンサドーレの試合を見に行く」という人を10人、スタジアムに連れて行きたいと思っています。

 

仮にシーチケを持っている人が2000人居たとして、その人たちが年間で10人ずつ新規客を連れてきたら、それだけで年間の動員数2万人増です。

全て仕事人ナイトのチケット価格(1,500円)でも、3,000万円の収入です。これも、僕たちサポーターに出来るチームへの貢献の1つです。

 

目標達成のために計画を立てて、実行していきます!

みんなで出来ることをやっていきましょう!