27歳中間管理職の日記

27歳、中間管理職。肩書にとらわれず、ただ社会人としての価値の向上を。いろいろ書く雑記です。

【自分用メモ】やりたいことが増えてきたら「ゴールの有無」「今すぐ着手できるか」の2軸で整理!

完全に自分用のメモなので、さらっと書きます。さらっと。

 

f:id:ko24cs:20180624230707j:plain

 

とにかくやりたいことが多すぎる僕。

故に、いろいろ手を出しては中途半端に知識ばかり増えて、いうなれば「器用貧乏」のような状態…。

 

 

「選択と集中」という考え方があるように、何かをやるにしても使えるリソースは限られている。

ということで、以下の手順で「やりたいこと」の整理をしてみました。

 

3ステップで「やりたいこと」の整理!優先順位の明確化!

ステップ1:「やりたいこと」をひたすら書き出す

まずは、ブレインストーミング的に「やりたいな~」と思うことを、ひたすら書き出します。

 

特にルールや括りを設ける必要は無いと思いますが、僕が心がけたのは「今、この瞬間にやりたい!と思っているものを挙げる」ということでしょうか。

実行に移すための情熱を持てないものは、多分実現まで至りませんからね。

 

ステップ2:「ゴールの有無」「今すぐ着手できるか」という2軸で分類

ここが一番の肝になると思います。

 

適当な紙に以下のように2本線を引っ張り、4象限のマトリクスを作成。

基準は「ゴールの有無」「今すぐ着手できるか」の2軸。

 

f:id:ko24cs:20180624224122p:plain

 

何故この2軸にしたのか、簡単に説明すると…

  • 自分の「やりたいこと」のうち、何らかの事情ですぐに着手することが出来ないものがどれかを明確にすることによって、今この時点でやるべきことを明確にする
  • 明確なゴールがある(◯◯が~~の状態になったら達成!など)ものと、そうでない継続して質やレベルを高めていく必要があるものを分類することで、実行計画を立てる際のスケジューリングを容易にする

という目的があります。

 

要するに…

 

「今すぐ着手できてゴールがあるもの(図の①に属するもの)は、最終の到達目標から逆算してさっさと完了させちまおう!」

 

「ゴールが無いけどすぐに着手できるもの(図の②)は、まずゴールが無いということを認識して、レベルを高めていくためのスモールステップを設定しよう(実行のための期間の目安設定は大事)」

 

「今すぐ着手できないものは、どうやったら"着手できる状態"になるかを考えて、その状態にするための手段・その状態にする目標の期間を考えよう」

 

ということです。自分に対して、わかりやすい説明をしてあげるというイメージ。

 

ステップ3:「今すぐ着手できる」の中で、それぞれ優先順位ベスト3を選ぶ!

図の①、②について、この中でも特に「今すぐ着手したい!実現したい!」と思うものを、ベスト3まで選択。

どれも「やりたいこと」という括りでは一緒でしょうから、ここでの基準は単純に「今やりたいもの、今モチベーション高く情熱を持って取り組めるもの」で良いと思います。

 

ベスト3が出揃ったら、今度は実行計画の立案です。

「ゴールあり」のものに関しては、自分のスケジュールと相談しながら「ゴールをいつにするか」を明確に定めましょう。

無茶な日程は挫折のモトなのでアレですが、僕的には情熱・モチベーションが下がらないうちに一気に形になるまで持っていった方が良いと思うので、今回僕はベスト3のうち2つを1週間以内の期限にしました。笑

 

実は、計画がより大事なのは「ゴールなし」のもの。

「この状態になったら終わり!」がないからこそ、どうなっていきたいかの目標を立てて、そこに向けて「いつ」「何をするか」を計画していかなければダラダラと終わってしまいます。

 

「体型維持」がわかりやすい例でしょう。

「◯キロまで落とす!」という短期的な目標のダイエットはそれが達成されれば終わりですが、また増えては意味がありません。

なので、「◯キロをキープする」という目標を立てて、そのために何を続けていったらいいか…という手順で、計画を立てたいところです。

 

ちなみに、ベスト3から漏れてしまったものは、どこかにメモをしておいて一旦忘れましょう。選択と集中です。

ベスト3のもの(特にゴールあり)を期限通りに達成してからそのメモを見返して着手しても、全然遅くはないはず。そうじゃないくらい重要なものは、ベスト3に入っているはず。

 

そのときまでに情熱が失われていれば、またステップ1からやり直して、その時実現させたい、情熱を持って取り組めるものを探せばよいのです。

 

 

と、偉そうに書いてきましたが、僕自身もこれからスタート。笑

良い成功事例を作れるように、計画的に取り組みます!