27歳中間管理職の日記

27歳、中間管理職。肩書にとらわれず、ただ社会人としての価値の向上を。いろいろ書く雑記です。

自分のご機嫌は自分で取る、自分で自分をワクワクさせる

何のために働くのだろう?

 

この問いを周りの人にすれば、大半の人は「お金を稼ぐため」と答えるだろう。

確かにそうだろう。私たちは労働の対価として賃金を受け取り、そのお金で生活を営んでいる。

 

だけど、それだけを拠り所に週に5日以上・一日8時間以上も働くのって、あまりに哀しくて、しんどくて、希望が無いのではなかろうか?

やっぱり、やるからにはやりがいとか、やってて楽しいとか、そういうのも欲しいでしょ。

 

f:id:ko24cs:20180713132709j:image

 

じゃあ、自分がやりたいことって何だろう?

……そう考えるところから、「楽しい仕事」が始まるんだと思う。

 

楽しそうに仕事をする人は、多分「自分をワクワクさせる」のがとても上手な人。

何も難しいことはない。自分がやっていて楽しかったこと、本気で取り組めたこと、ワクワクしたこと…こんな要素を抜き出して、仕事にするには、と考えれば良い。

つまらないけど、やらなければいけない。そんな仕事と向き合う時は自分のご機嫌をとって、いかに速やかに、極力楽しく終わらせられるか。

この努力を怠って外的要因のせいにしていては、何の進歩もない。

 

そんなことを、若い人たちに伝えていきたいな。

これも自分の「やりたいこと」。