27歳中間管理職の日記

27歳、中間管理職。肩書にとらわれず、ただ社会人としての価値の向上を。いろいろ書く雑記です。

【レビュー】JALのビデオプログラム「Jリーグ歴代ゴール集」が機内エンタメでは奇跡の質の高さだった件

ここ数年、機内エンタメとしてビデオプログラムにもとても力を入れている、我らがJAL様。

始まった当初は数番組がオンデマンドで見られる程度でしたが、今ではプログラム数は70~80もあり、2018年10月からはCSの「スカイA」と「日テレNEWS24」をリアルタイムで見られるという超充実っぷり。

多いときは月に10本ほど搭乗する僕でも、退屈する暇が無いほどです。

 

f:id:ko24cs:20181106102759j:plain

 

そんなラインナップに11月から加わったのが、「明治安田生命Jリーグゴール集 ~Journey TO Memorial Goal~」というJリーグの歴代ゴール集。JALのオリジナルコンテンツです。

25周年ということで各シーズンから1ゴールずつ、合計25本のスーパーゴールを集めましたというものなのですが、これがもうびっくりするほど素晴らしい。

 

「Jリーグサポはこれを見るためにJALに乗れ!」

 

と大声で主張したいくらい、完成度の高いコンテンツでした。

誰のゴールが入っているかというネタバレは一切抜きで、見どころや僕のお気に入りポイントなどを書いていきます。

 

ガンバ大阪・宮本恒靖監督が「ディフェンダー目線で語る」スーパーゴール

 

僕が一番感心したのは、この部分。

最初は「ゴール集なんだから、ストライカーが語った方がしっくり来るのでは…?」と若干懐疑的な気持ちで見ていましたが、宮本さんの解説が始まった途端、この人選に納得しました。

 

宮本さんは、常に「ディフェンダーとしては」という視点でゴールについて語っていて、それによってゴールの凄さがより際立つのです。

 

長年Jリーグ・日本代表で活躍された名ディフェンダーの宮本さんが、自身の経験やディフェンダーとしての一般論を理路整然と話し、「しかし、このゴールはそれを超越する」という方向に持っていくのが素晴らしく、見ていて何度も鳥肌が立ちました。

 

あと、宮本さんイケメン過ぎますね……

女性はこれだけでも見る価値大アリです。目の保養コンテンツ。

 

宮本さんの持つ「ゴール観」がサポーターの持つそれと似通っている

 

そろそろバレてきてるかもしれませんが、この記事は主に宮本恒靖様を褒め称える内容になっています。

もちろん、25ゴールの選定も素晴らしいですけどね。

 

番組の最後に、宮本さんはこう締めくくります。

 

サッカーのゴールほどスポーツの中で

爆発的に喜べる瞬間ってないと思うんですよね

それによって天国と地獄というか

本当に感情の爆発があって

ドラマがそこにあるし

感情の爆発に繋がるゴールの瞬間っていうのは

凄く尊い

 

この言葉を聞いたとき、「もしかしたらプロとして活躍しているサッカー選手も、幼き頃に出会ったこの"瞬間"の快感に魅せられ、取り憑かれ、またそれを味わいたい…と続けてるうちにそれを職業と出来るレベルまで自らを高め、そして今もその"瞬間"のために戦っているのではないかな」と感じました。

 

僕なんかはまさにそうなんですが、多分大多数の「サポーター」と呼ばれる人たちは、この"瞬間"のためにスタジアムに通っているのだと思います。

 

プレーする側と、見る側。

爆発する感情の種類や味は違うと思いますが、同じ「チームの勝利」という目的に向かって戦っている両者の間に、同じ感情が存在しているということがわかったのが、このビデオで一番嬉しかったことです。

 

 

さぁ、この記事でこのビデオを見てみたくなったあなた!

JALに乗りましょう!北海道復興割引もありますよ!

 

www.ko24cs.com