27歳中間管理職の日記

27歳、中間管理職。肩書にとらわれず、ただ社会人としての価値の向上を。いろいろ書く雑記です。

190412 #10分エッセイ「意識を外側に、小さな幸せを探す」

今日も10分。
仙台出張に向かうJALの機内にて。



ここ最近、瞬間風速的に仕事がワッと来たり、 3月半ばのインフルエンザから引きずっていた微妙な体調不良が続いていたりして、 メンタルがちょっと後ろ向きになっていた。

今もまだ万全ではない気がするけど、 良くない方の波に入っているときのことを振り返ると、どんどん意識が自分の内側に向いてきて、 周りが見えなくなることが多かったように思う。


自分の目の前に広がる世界が自分のこと(体調とか気分とか、 抱えている仕事とか)に支配されて、それらがすべての判断基準になってしまう感じ。
そうすると、こんなデメリットが出てくる。

 

  • 体調なんて自分の一存でそんなに急に良くなったりすることはないけど、「 体調を良くすること」が一番の興味関心事項になり、その状態によってメンタルが左右される
  • 自分の内側に向けた意識で精一杯なので、 本来持っている好きなことややりたいことにも、手が回らなくなる


完全に、ネガティブなスパイラルに入ってしまう。


この状態から脱却するには、体調を良くしたり、 精神的に参るほど抱えている仕事を終わらせたりという根本原因に対する対処が一番なのかもしれないけど、 全てがそううまく行くとも限らない。
そういうときに効くかな?と今日、ふと思ったのが「 意識を外側に向けて、身の回りの小さな幸せを探すこと」である。



今朝、やっぱり体調の微妙さからくるメンタル不調、 そしてそこから来る期外収縮的なやつにげんなりしていたのだけど、 出張のために新千歳空港に向かうJRの車内から見えた青空があまりに綺麗で、「ああ、綺麗だな。 こんな日に飛行機で遠出できるなんて嬉しいな」と思った。
その瞬間に、これからの旅路に関する不安が和らいで、 体調もメンタルも少し楽になった。


この感覚、手法を身につければ、 これからのしんどいときにも自分を救ってくれるかもしれない、とも思った。
しんどいときに無理する必要はないけど、 できる範囲で小さな幸せを探せれば、ちょっとずつでも前向きになれる。


まずはこのことを忘れないように、ブログに書き記しておく。
同じように悩む人が、楽になる一助になれば嬉しい。


【今日の空】

 

f:id:ko24cs:20190412131108j:image

 

今日も良い日にしましょう。